ぶっちゃけ

CAのブラックリストは存在するのか。【ぶっちゃけ】

投稿日:2020年3月19日 更新日:

 

こんにちは!

 

本日は、「CAのブラックリストは存在するのか」について、お話ししていきたいと思います。

 

CAの数は、ANAでは約8000人、JALでは約6000人ほど。

 

毎回と言っていいほど新しい上司と仕事をする中で、1割ほどでしょうか。こんな言い方をしてはいけませんが、やっぱりこわい人っているんですね。

 

なぜブラックリストという文化があるって、

それはもういろんな「こわい人」から身を守るための必死で必至な、新人CAの唯一の対抗策なわけです。

 

 

本記事ではそんな、CAという世界の実情をお話しします。

 

※嫌な思いをする方、

あるいは個人的な意見を多く含んでいるので、軽く聞き流していただければと思います。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

 

CAのブラックリストは存在するのか。

まず、両社の現役CAからの返答がこちらです。

ANA

「存在します。

リマとも呼ばれ、名前と入社年度が書いてあるもの。

それ以外にも、ピンクリストという、男性関係が派手なCAのリストもある。

ピンクリストはパイロットの方まで回っているという噂あり。」

 

体育会系のANAでは、上下関係が厳しめで、人間関係で疲れるCAが多いという話も聞きます。

やはり存在するんですね。

そしてピンクリストというものも。

 

JAL

「存在します。

シンプルにブラックリストと呼ぶ。

名前と、見た目の特徴やこわさの特徴が書いてある。

ベテランCAが多く、100人は載っているのでは。外人クルーの名前もあります。

ピンクリストはかつて存在していたらしい。」

 

JALではANAと違い、体育会系の人間関係のしんどさというよりは、年配のベテランCAのサービスへのこだわりなどで疲れているCAが多い模様です。

また中には外人クルーの名前もあるとは…こわい人のグローバル化が進んでいるようです。

 

 

 

 

ブラックリストをどう活用するのか。

フライトへ向かう心の準備に活用

来月のフライトスケジュールが発表されると、ANAJALも、同乗するメンバーリストを確認することができます。

それらとブラックリストを照らし合わせ、

「来月のここら辺はさらに気を引き締めよう」

と、事前勉強をいつもよりしっかりと行なったり、あるいは死刑台にのぼるような気持ちで覚悟を決めたり。

ミモは新人のころ、こわい人の名前をメンバーリストに見つけては、そのフライト前は心のスイッチをオフにする癖を身につけていました。

「いやだいやだ」と思うより、「人生いろいろだよね」と、無の感情で会社に向かうわけです。

 

フライトを切るために活用

これは少し邪道ですが、

メンバーリストを確認し、

いつかのフライトでブラックリストに名前のあるCAとご一緒する、もしくはかつてこてんぱんに叱られた大先輩とご一緒する場合、

「それらしい理由でフライトをお休みする」というあまりよろしくないことをするCAも中にはいます。

簡単に言うと、”ずる休み“です。

フライトを休むと、

以前こちらの記事CAの仕事の一つ、「スタンバイ」とは。呼ばれる理由と過ごし方。【天国と地獄】

でお伝えしたスタンバイのCAがかわりに(身代わりに)起用されてしまうので、罪悪感もあり

ただその後も自身が健康で、元気にフライトをしていくため自分を守る手段でもあるので、

何か落ち込んでいたりする場合は迷わずすべきな、大切な防護策であると個人的には考えますね。

 

班替え(グループ替え)時にこわい人と一緒かどうか確認するために活用

ANAは「班」、JALは「グループ」と呼ばれる、

一般企業で言ういわば「部署」のようなものが存在します。

だいたい710人くらいでしょうか、新人〜60歳くらいのベテランまで年齢幅広く組まれるもので、12ごとに編成がなされます。

これが、JALの場合、以前こちらの記事ANAとJALのCA 身体検査の内容。【2021年入社版】

でお伝えした、JALの身体検査の一環として行われるロールシャッハテストの結果を鑑みて組まれてるとかなんとか

そのメンバーによってCAはその先12年の運命が決まるので、

毎年決定時期はそわそわ。

発表され次第、ブラックリストと照らし合わせ、こわい人がいるかどうか、そして果たしてどんな1年になるのか、CA達はどきどきしながら目を通します。

ご友人のCAさんがもしそわそわイライラしていたらそれはもしかしたら班あるいはグループ決めの季節が近づいている可能性もありますよ。

 

 

 

 

ブラックリストの文章例

「〈名前〉2007年入社 安全に厳しい」

「〈名前〉チーフ アナウンスの声がやけに高い」

「〈名前〉マネージャー フライトが始まると性格が急変する」

「〈名前〉2012年入社 話を聞いていれば機嫌がよくなる」

 

こんな感じです。

ただ、書かれている性格より実際はだいぶマイルドだったり、または名前がリストにないのに鬼のような人がいたり。

決してリストがすべてではありません。

また、さらに言うならば、このようなこわい人の数より多く、天使のような尊敬すべき先輩はたくさんいます!

 

 

 

 

さいごに

本日は、CAのブラックリストは存在するのか、という題で、ミモの友人の

ANAJALの現役CAの返答をもとに、その実態に迫ってみました。

 

もちろんミモは片方の航空会社に最近まで勤めておりましたので、

「うんうん、わかるわかる。」

って感じです。

 

 

CAは毎回はじめましての方と、密室で、長ければ14時間お仕事を協力して行わなければなりません。

 

OLさんのように、部署にいる遠くの席のお局さんとの7時間を毎日繰り返すというより、

ストレスがぎゅっと一点に集中していると言いますか。

なので、フライトによってはよい塩梅で力を抜く必要があったりするんですね。

なのでけっこう、ブラックリストを確認しては、

「このフライトはストレスフルだから頑張るけれど、このフライトは優しい方ばっかりだから適度に気を抜いて楽しもう!」

などしていかないと身が持たない。

 

そしてそううまくやっているCAは、辞めずに続けている印象があります。

 

 

皆さまも、就職活動におきましてもストレスが多い毎日かと思います。

気を抜くところはぬいて、

今からCAを続けていくための練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-ぶっちゃけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ANAとJALのCAが、規定では禁止されているけれど実際やっている5つのこと。【ぶっちゃけ】

    こんにちは!   本日は、CAが、規定では禁止されているけれど実際やっていること、について、あくまでも個人的な見解でお話ししていきたいと思います。   …

CAの秘密の休憩室についてこっそりお教えします。【お客様は絶対に入れない?】

    こんにちは!   本日は、「クルーバンク」または「クルーレスト」と呼ばれる、CAの休憩室について解説していきたいと思います。 ※呼び方は航空会社によってさまざまなので、本ブ …

ANAの現役CAに副業について聞いてみた。【実際のところどうなの?】

    こんにちは!   本日は、2020年10月に発表された、ANAの“副業OK“というニュースについて、現役CAから入手しました情報をもとにお話ししていきたいと思います。 &n …

CAがかかりやすい病気8つ。【これが真の職業病】

  こんにちは!   本日は、CAとして働く上でかかりやすい病気、についてお話ししていきたいと思います。   一見華やかに見える職業の“CA”ですが、 その …

CAのリアルな職業病とは。【前編】【CAあるある】

  こんにちは!   本日は、CAの職業病について、リアルなところをお話ししていきたいと思います。   たとえば皆さまのご友人、また彼女、もしくは意中の女性がCAをされているって方 …

ミモ
大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
現在はイギリス在住、第一子妊娠中。
当ブログは一人で運営しています。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel