CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

CAとパイロットの恋愛が上手くいかない理由。【出会い〜別れまで】

投稿日:2020年1月15日 更新日:

 

こんにちは!

 

本日は、ミモの小話シリーズです。

 

CAとパイロットの恋愛が上手くいかない理由、について、個人的な観点でお話ししていきたいと思います。

 

パイロットって、かっこいい制服を着て、何百というお客様の命を預かって、加えて年収も高くて。

男女ともに人気の職業ですよね。

そんなパイロットとのお付き合いに憧れてCAを目指す方も一定人数いらっしゃるはず。

 

 

では実際にCAとパイロットとの恋愛はどのように始まり、そして終わっていくのでしょうか。

 

 

仲の良いCAの友人が、一時期パイロットと付き合っていたので、彼女の出会い方〜別れまでよく話を聞いておりまして、

リアルにお伝えできるかなと思います。

 

 

 

ではさっそくまいりましょう!

 

 

 

CAとパイロットの出会い

コクピットブリーフィングで出会い、ステイ先で食事を共にし仲良くなる

CAとパイロットは、まず「コクピットブリーフィング」という、飛行機の出発前に行ういわば打ち合わせで対面します。

以前こちらの記事国内線CAの、1日の仕事を詳しく解説します。【自宅出発〜お客様搭乗開始まで】

で、国内線CA1日の流れをご説明しましたが、その中にコクピットブリーフィングという項目があったと思います。

単にフライト概況がパイロットからCAに伝えられるものですが、ここでしっかり、肉食系CAは、パイロットを吟味するんですね。

その後のフライト中は正直そこまで絡みはありません。

が、到着後、いろいろな形(パイロットから主にチーフがお誘いを受ける形や、CAの中に知り合いがおり、流れで行くことになるとか、ホテルの場所が辺鄙で、食糧調達が困難なステイ先など)で皆でご飯に行くこととなり、そこで仲良くなる場合があります。

国際線になりますが、パイロットとCA皆で観光をすることも時にはあります。

 

個人の飲み会で出会い、仲良くなる

他の企業のように、航空会社にも、地元繋がりの飲み会や、趣味の同好会など、オフィシャルではないですが、存在します。

友達の友達が芋づる式に繋がっていくものなので、まずはフライトでパイロットと仲良くなることが前提ですが

定期的に開催しているコミュニティもあるので、こういったものに属することでも、CAはパイロットと出会え、仲良くなる場合があります。

 

他業種との交流会で出会い、仲良くなる

CAやパイロットは、フライト以外の仕事をすることもあります。

挙げるとキリがないのですが、

たとえば社外に向けた広報活動など、パイロットやCA、グランドスタッフなど、他業種のメンバーが集まって担当したりするんですね。

こんなような。→ANAとJALのCA フライト以外の活動を徹底比較。【こんなこともやれるんです】

そういった横の繋がりで、出会う、という可能性もあります。

 

 

 

CAとパイロットの恋愛が上手くいかない理由

上述したきっかけで、CAとパイロットは出会うわけですが、そう上手くいくとも限りません。

あらゆる壁が立ち塞がるんですね。

では一体、何が愛の障害となるのでしょうか。

パイロットはそもそも既婚者が多い

例として、こちらANAの自社養成パイロットの訓練課程をご覧ください。

 

ANA公式HPより引用

 

上述した、CAと「コクピットブリーフィングで出会う」までには、1番下の副操縦士昇格に達する必要があり、長くて5年かかってしまう。

大学卒業後、新卒で自社養成パイロットになるとしたら、その頃にはもう28歳。

結婚適齢期である28歳になる前に、良き人と既に出会っている場合が多い。

そう、CAと出会う時にはもう、素敵な女性にゲットされているのです。

さらに注目すべきは、入社後すぐの、「地上配置」!

いろいろな部署に配属されるようですが、大体のお顔が綺麗なパイロットは、このタイミングでグランドスタッフなどの他業種の方々にゲットされています。

 

スケジュールの合わなさ

そういった、既にゲットされてしまってるパイロットではない御方と運良く巡り合えたとしても、さらなる障害が待ち受けています。

それが、スケジュールの合わなさ。

ミモの友人もこのすれ違いにより、破局に至ってしまいました。

ただでさえ家を不定期に空けるCAは、他の企業の方と付き合っても、なかなか2人の時間を作れず、すれ違いで別れてしまう、そんなことがよくあります。

それが同じようなスケジュールを持つパイロットならなおさら!

CAの彼女がニューヨークから帰ってきたかと思えば、彼の方がその日からベトナム、なんて日常茶飯事です。

頻度高く会っていれば心が通い合い、上手く行っていたかもしれない男女も、物理的な距離には敵わないものです。

 

パイロットは異常にモテる

独身で、そして物理的な距離もものともしないパイロットと巡り合えたとしても、また新たな障害が立ちはだかります。

それが、パイロットは異常にモテる、ということ。

制服マジックでしょうか、どんなに見た目が普通の方であっても、女性の目には魅力的に見えるようです。

CAの中でも、そういった良からぬパイロットの噂はしょっちゅう耳にしましたし、実際に良からぬ関係を持っているCAも中にはいました。

また、ステイ先のパイロットの行動なんて、もう何してるかなんてわかりようがありません。

パイロットの職場は、周りに圧倒的に女子が多いわけで、その分いろいろな誘いも多いのでしょう。

独身でお顔の良いパイロットは、年齢が上がっても遊んでいる場合もあり、付き合えたとしても悲しい結末を迎えることになってしまうこともあるようです。

 

 

ていっても、もちろん、CAとパイロットの素敵なカップルもいます。ご結婚され、一つのフライトに、パイロットとチーフで乗務される、という仲良しご夫婦もお見かけしたことがあります!

 

 

 

つまりパイロットとお付き合いしたいなら

個人的には、CAではなく、グランドスタッフなどの地上職をおすすめします!

それか、学生時代に合コンやらツテやらで頑張って出会って、パイロットになる前からゲットしておく!

 

 

 

さいごに

本日は、CAとパイロットとの恋愛が上手くいかない理由、についてお話ししました。

 

なかなか、CAの恋愛というのも、相手がパイロットに限らず、難しいものがありまして。

ほら、機内にも、綺麗なのに未婚の、でも年齢が上のCAさん、いますよね。

勝手な想像でしかありませんが、彼女たちも、いろいろあったわけです。若かりし頃、お付き合いしていた方との物理的な距離に、為すすべなく翻弄されてしまったのかもしれません。

 

他企業の、普通のサラリーマンの方と付き合ったとしても、簡単に言えば、常に遠距離恋愛的な感じになるんですね。

なので恋愛ベッタリ派の方には、CAは厳しい職業です。

 

逆に良い距離感を生み出せ、うまくいっているカップルもあるのですが、

それがパイロットとなると、もっともっと距離ができてしまう。

 

だから、ミモ的に、CAとパイロットの恋愛は、あまりうまくはいかないなーという印象なのです。

 

 

CAとパイロットのカップル、

なんだかカッコよくて、とっても憧れますけどね。

 

 

実際その数は、思ってるより少ないかなーと思います。

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜCAの私物は、ロンシャンとリモワとモンクレール率が高いのか。【CAあるある】

  こんにちは!   本日は、なぜCAの私物は、   通勤バッグ→ロンシャン スーツケース→リモワ ダウンコート→モンクレール   が多いのか、について、ささっと簡単に、 …

ANAとJALのCA 面接での身だしなみ。【髪型から靴まで】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAに合格するための、 受験生の面接での身だしなみについてお話ししていきたいと思います。   身だしなみは、第一印象を大きく左右します …

いただいた質問に答えます。【マシュマロ②】

    こんにちは!   本日は、以前こちらの記事→匿名の質問を受け付けます。【お気軽にどうぞ】 で募集した、匿名の質問に答えていきたいと思います。   CA生活はたった …

CAの素敵な職業病とは。【CAあるある】

  こんにちは!   本日は、CAの、素敵な職業病についてお話ししていきたいと思います。   以前こちらの記事→CAのリアルな職業病とは。【前編】【CAあるある】 で、CAのリアル …

ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の中距離路線のばあい】

  こんにちは!   本日は、CAはステイ先でどのくらい遊べるのか、についてお話ししていきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCAは、ステイ先でどのく …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel