CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

ANAとJALの違い

ANAとJALのCA 海外の就航地を徹底比較。【働く上でどちらが魅力的か?】

投稿日:2020年2月18日 更新日:

 

こんにちは!

 

本日は、ANAJALのCAに合格したのち、飛ぶこととなる海外の就航地を比較していきたいと思います。

 

以前こちらの記事ANAとJALのCA 国内の就航地を徹底比較。【働く上でどちらが魅力的か?】

で、ANAJALの国内の就航地をまとめましたが、今回はその海外バージョンです。

 

国内線よりももしかしたら皆さん気になるのではないかと思います、だって、

ごはんを食べるにも、観光をするにも、楽しみが多く、そしてステイ時間も圧倒的に国際線の方が長いですしね。

(圧倒的にフライトスケジュールによりますけど)

 

そしてもしこれからお伝えする中に思い入れのある国があれば、是非ともそこに就航している会社に入りたいものですよね。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

ANACA 海外の就航地

ANAは国際線だと、エアージャパンというグループ会社と路線を分担しています。エアージャパンは、アジアリゾート路線(シンガポール、ベトナム、中国など)を主に飛ぶ航空会社で、経験者のみの採用となっています。

ちなみに以前こちらの記事武漢へ向かった飛行機のCAさんの軽装に衝撃。【新型コロナウィルス】

でお伝えした成田⇆武漢ですが、この路線はエアージャパンのCA、そして機材での運航なので、“ANA”CAになったとしても、武漢を飛ぶことはありません。

それにしても、国内線ほど分担はしていませんので、“ANA”と標章をつけて飛んでいる都市はほぼ飛べるかなー、という印象があります。

2020/2/13/28の時刻表(最新版)を元に記載しています。

※以下ANAのみ就航している空港を太字にしております。

 

北米、太平洋

ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトル、ワシントンD.C.、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー(カナダ)、メキシコシティ(メキシコ)、ホノルル(オアフ島)

ヨーロッパ

ロンドン、パリ、フランクフルト(ドイツ)、ミュンヘン(ドイツ)デュッセルドルフ(ドイツ)ブリュッセル(ベルギー)ウィーン(オーストリア)、ウラジオストク(ロシア)

オセアニア、東南アジア、南アジア

シドニー(オーストラリア)、バンコク(タイ)、デリー、ムンバイ(インド)チェンナイ(インド)、ハノイ(ベトナム)、プノンペン(カンボジア)、クアラルンプール(マレーシア)、シンガポール、ジャカルタ(インドネシア)、マニラ(フィリピン)

東アジア

瀋陽、北京、大連、青島、上海、杭州廈門、香港、台北松山(台湾)、ソウル

 

ちなみにこれらに加え、詳しい時期は未定ですが、2020年から、モスクワ、ミラノ(イタリア)イスタンブール(トルコ)ストックホルム(スウェーデン)深圳に新規就航することが発表されています。

うーん、なんと魅力的なんでしょうか。

 

 

 

JALCA 海外の就航地

JALは国際線に関しては、特にグループ会社は存在しません。ですので“JAL”に入社すれば、一般的に知られているJALの路線はすべて飛ぶことができます。

またこちらの記事ANAとJALのCA 一ヶ月のスケジュールを徹底比較。【現役CAの実際のスケジュール公開】

でもお伝えしましたが、JALでは、CAおのおのの明確な担当路線がありませんので、これからお伝えする国に、けっこうバランス良く飛べるかなーと考えます。

2020/3/298/31の時刻表(最新版)を元に記載しています。

※以下JALのみ就航している空港を太字にしております。

 

北米、太平洋

シカゴ、ダラスボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ、バンクーバー、ホノルル(オアフ島)、コナ(ハワイ島)

ヨーロッパ

ロンドン、パリ、フランクフルト(ドイツ)、ヘルシンキ(フィンランド)、モスクワ(ロシア)

オセアニア、東南アジア、南アジア

シドニー(オーストラリア)、メルボルン(オーストラリア)グアム、シンガポール、クアラルンプール(マレーシア)、デリー(インド)、ジャカルタ(インドネシア)、マニラ(フィリピン)、バンコク(タイ)、ハノイ(ベトナム)、ホーチミンシティ(ベトナム)

東アジア

北京、大連、天津、上海、広州、香港、ソウル、プサン、台北桃園(台湾)、台北松山(台湾)、高雄(台湾)

 

 

JALもこれらに加え、時期は未定ですが2020年から、ベンガルール(インド)、ウラジオストク(ロシア)に新規就航することが発表されています。

うーん、個人的に、新規路線を含めANAに軍配が上がりますね。

しかしながらホノルル線に関すると、ANA1日に3便、JALは地方発着を含め1日に6便の運航があるので、ハワイ好きにとっては、JALに軍配が上がりそうです。

 

 

 

違いをミモなりにまとめると

ANA→ヨーロッパに強め!2020年〜新規路線含めJALより魅力的!しかしCAは担当路線に引っ張られ、実際はそこまでいろいろなところに飛べない可能性あり!

JAL→コナ、グアムに就航しておりホノルル線の便数も多いので、リゾートに強め!ANAに魅力は劣るものの、担当路線の縛りがそこまでないので、数年で就航地制覇は可能かも!

 

 

 

さいごに

本日は、ANAJALCA、海外の就航地をまとめ、働く上でどちらが魅力的かどうかについてお話ししました。

 

国内線よりも両社ともにグループ会社は減るので、まとめるのが簡単でした。

それにしても間違ってたら申し訳ありません。

 

ミモは当時、正直就航地なんて目もくれず就職活動を行っていました。そのせいでやらかした面接での失敗談もあるのですが、またこの話は次回に。

入社後、やっと会社がどこに飛んでいるのかを把握し、そして担当路線の有無も知りました。

知っていたらもう片方の会社にしたかも、と、現役時代何度か思ったこともあります。

 

それくらい、大事です、就航地。

 

だって、海外にタダ、もはやお金を頂いて行けるんですからね。

 

例えば東南アジアの歴史に興味ある、とか、将来はハワイに住みたい、とか、思い描く何かが就航地にあれば、現地に赴くことでさらに新しい視野が広がる可能性があります。

就航地に何か興味があれば、フライトをしていく中で、楽しみも増えますし、CAを辞めた先に繋がる何かがあるかもしれません。

 

CAになって得れる経験は、接客業の枠ではとどまらないと思います!

 

それらと担当路線の有無も踏まえ、よーくお考え頂ければと思います。

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-ANAとJALの違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ANAに関する最近のニュースをまとめてみた。【新型コロナウィルス】

    こんにちは!   本日は、新型コロナウィルスの影響を受けたANAの、最近のニュースの中でミモが個人的に気になったものをまとめていこうと思います。   ち …

ANAとJALの違いと、求める人材像。【結構違います】

  こんにちは!   始めたばかりというのにさっそく更新が空いてしまいました…。頑張らねば。   今回はANAとJALの違い、そしてそこからわかる、求める人材像についてお …

ANAとJALのCA 身体検査の内容。【2021年入社版】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALの、CAの選考で行われる身体検査についてお話していきたいと思います。   多くの関門をくぐり抜け、やっとたどり着いた最終面接。 と思いき …

ANAとJALのCA 給料の違いを徹底予想。【どちらが儲かる?】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAのお給料についてさくっとお話ししていきたいと思います。   これ、ずっと前から書きたかったのですが、なかなか正確な答えが …

ANAとJALのCA 国内線サービスの違いを徹底比較。【羽田✈︎沖縄】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALの、国内線サービスの違いについてお話ししていきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCA サービスの違いを徹底比較。【 …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel