CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

ANAとJALの違い

ANAとJALのCA 制服と、身だしなみ規定を徹底比較。【どちらが厳しい?】

投稿日:2019年12月27日 更新日:

 

 

こんにちは!

 

本日は、ANAJALのCAの、身だしなみ規定の違いについてお話ししていきたいと思います。

 

CAって、お化粧は常にばちっと決めており、

髪型もお団子で、

前髪はどんな時も崩れず

そんなイメージありますよね。

 

そんな「CA」の身だしなみについて、ANAJALで違いはあるのか、気になる方がいらっしゃると思います。

 

実際に両社とも利用された方にとって、ANAJALも大差ないかな、という印象をお持ちかと思いますが、

ここについては、制服のコンセプトを含め、かなり違いが大きく、

その違いから、両社ともに「何を大切にするか」という本質的な部分の違いまで見えてくると考えます。

 

 

 

ではさっそくまいりましょう!

 

 

 

 

ANACA 身だしなみ規定

こんな感じです。

 

口紅の色ピンクや赤など、肌馴染みの良い色

髪色自然な色

髪型シニヨン(シュシュなどのヘアアクセサリーは黒色か紺色なら可)、夜会巻き、肩にかからない長さのボブ、前髪は眉毛にかからない程度

ピアス…5mm以下

ネックレス目立たない位置で、小振りのものならok

指輪一つまでok

ネイルしなくてもok。ジェルネイル、マニュキア(肌に合う自然な色、グラデーション可)

マツエク自然なものならok

ディファインコンタクト自然なものならok

靴…パンプス。ヒールは5cm以下

 

 

制服はこんな感じ。

   

ANA公式HPより引用

 

腕と背に描かれた滑走路が特徴です。

なんだか近未来を予感させるデザインです。

 

ANACA 制服と、身だしなみの特徴

20152月から現在の制服にデザインが一新されました。

日本国内の航空会社には珍しく、海外のデザイナーを起用し、「挑戦、安心、おもてなし」をコンセプトに、

さらに進化し、世界一のエアラインに成長できるよう願いを込めて作られました。

それと同時に、それまで禁止だったネックレスや、マツエク可などの規定がゆるくなるなど、かつてはJAL同様「統一美」を意識した身だしなみ規定であったのが、大きく変わりました。

CAおのおのの個性を大事にするようになったんですね。

お堅い企業であっても私服okのような、海外の考え方に合わせ、ANAを世界にアピールするためにも、世界をまず受け入れるんだ、

「日本らしさ」は見た目ではなく、違うところで発揮するんだ!という、ANAらしい、挑戦的な変革です。

2020年より、ヒールは以前の「3〜5cm程度」から、「5cm以下」に変更がなされ、ヒールなしパンプスでも着用がokになりました。(どこに売ってるんだろう…)

 

 

 

 

JALCA 身だしなみ規定

こんな感じです。

 

口紅の色赤系

髪色トーン6まで

髪型シニヨン(シュシュなどのヘアアクセサリー不可)、夜会巻き、肩にかからない長さのボブ、前髪は眉毛にかからない程度

ピアス…5mm以下

ネックレス禁止

指輪一つまでok

ネイルマスト。ジェルネイル、マニュキア(肌に合う自然な色、グラデーション不可)

マツエク禁止

ディファインコンタクト禁止

黒色でプレーンなデザインのもの。0cm〜(ローファーなどでもok)

 

 

制服はこんな感じ。

 

JAL公式HPより引用

 

伝統的な日本らしさが出ている印象です。

 

JALCA 制服と、身だしなみの特徴

2020年より制服が変わりますが、

(こちら→JALのCA 旧制服と新制服を徹底比較。【込められた想いに違いあり】

でまとめています)

今回は、2013年から導入された旧制服で考えてみます。

コンセプトは「視認性の高さの実現、清楚で上質なデザイン、挑戦のスピリット、コスト削減」。

注目すべきはやはり、「JAL」「鶴」「日本らしさ」を強くアピールしているところ。

海外でひとたびJALの制服を見れば、”日本だ”、と安心感を持てるようなデザインがなされています。

「統一美」を大切にし、制服や身だしなみから、おもてなしを体現しようという考えがあるようで、

制服を装えば、気分は、古き良き日本の高級旅館の女将といった感じですね。

そういった考えに伴い、シュシュなどのヘアアクセサリーは禁止で、口紅は赤推奨といった、しっかりとした規定があります。

一方で靴に関してはANAと異なりパンプスデザインでなくても良い、とのこと。

CAの健康、そして働きやすさにしっかりと配慮がなされていますね。

 

 

 

 

ANAJALCA 身だしなみ規定の違いをミモなりにまとめる

 

ANA…JALよりは厳しくない!多様性を大切にし、外国のお客様にも受け入れてもらおうという意識あり。

JALやや厳しめ!→CAに統一感を持たせ、「JALブランド」を確立している。日本らしさ、を大切にしている。

 

 

 

 

さいごに

本日は、ANAJALCAの、制服と、身だしなみ規定の違いについてお話ししました。

 

身だしなみについて、

まず驚きなのが、ANAの、「マツエクok」という項目。

国内の航空会社ではなかなかない自由さかなと感じました。

時代に合った、ANAらしい、変革ですよね。

 

一方でJALは、1人の客として利用した場合、

統一美のある身だしなみで出迎えられると、小さなことまで気を配られているようで、

安心感、信頼感を得ることができるかな、とも思いました。

 

もうこれに関しては個人の好みになってきますが、

皆さまはANAJALの制服と身だしなみ、

込められた意味を含め、

どちらに好感を持てましたでしょうか?

 

それまでのものとは異なり、現在の制服(JALはまもなく変わりますが)はかなり色濃く両社の考え方の違いが出ており、

興味深いなあと思い、今回文章にさせて頂きました。

 

あとは比較シリーズ、個人的に大好きでして。

 

JAL2020年からの新制服が公開されていますが、ANAは次はどのような制服になるのか

今から楽しみで仕方ありません!

 

ちなみに髪色に関してですが、実のところ、両社ともに明るい人たくさんいます。

皆さん、上司の評価は置いておいて、「地毛」と主張して染めていますね。

また髪型やネイルに関しても、年次が上がらなければ許されないものがあったりと、女社会らしい暗黙のルールのようなものもありまして。

またいつか記事にしたいなーと思っております。

 

 

 

以上です!

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-ANAとJALの違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ANAとJALのCA 国際線サービスの違いを徹底比較。【成田✈︎ホノルル】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALの、国際線サービスの違いを比較していきたいと思います。   舞台は成田–ホノルル。   今「ドル箱」として両社注目 …

JALに関する最近のニュースをまとめてみた。【新型コロナウィルス】

    こんにちは!   本日は、新型コロナウィルスの影響を受けたJALの、最近のニュースの中でミモが個人的に気になったものをまとめていこうと思います。 昨日のこちらの記 …

ANAとJALの違いと、求める人材像。【結構違います】

  こんにちは!   始めたばかりというのにさっそく更新が空いてしまいました…。頑張らねば。   今回はANAとJALの違い、そしてそこからわかる、求める人材像についてお …

ANAとJALのCA 国内の就航地を徹底比較。【働く上でどちらが魅力的か?】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAに合格したのち、飛ぶこととなる国内の就航地を比較していきたいと思います。   CAとして働く上で、就航地って、受験生の方々にとって …

ANAに関する最近のニュースをまとめてみた。【新型コロナウィルス】

    こんにちは!   本日は、新型コロナウィルスの影響を受けたANAの、最近のニュースの中でミモが個人的に気になったものをまとめていこうと思います。   ち …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel