CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の長距離路線のばあい】

投稿日:

 

こんにちは!

 

本日は、CAはステイ先でどのくらい遊べるのか、についてお話ししていきたいと思います。

 

以前これらの記事ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の短距離路線のばあい】

ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の中距離路線のばあい】

で、短距離路線そして中距離路線のフライトではどのくらいフリータイムがあるか、についてお伝えしました。

 

国際線のフライトは、大きく分けて短距離、中距離、長距離3種類あるとお話ししましたが、

 

今回は、その中の長距離フライトのフリータイムについてお話しします。

 

 

響き的に1番遊べる気がしますが、

実際はどうなんですかね。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

ANAJALCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。

まず長距離路線について

こちらの記事ANAとJALのCA 海外の就航地を徹底比較。【働く上でどちらが魅力的か?】

をご覧いただくとわかりますが、

ANAJALも、長距離路線はおもに、

アメリカ(サンフランシスコ、ニューヨークなど)やヨーロッパ(フランス、ロシア、イギリスなど)ANAに関しては+メキシコシティへのフライトを指します。

フライトタイムは1014時間ほどで、基本的にスケジュールは13日、あるいは24になります。

ここで「ん?」となった方。

そうです。

長距離路線の中には、アメリカやヨーロッパなのにもかかわらず、中距離路線と同じ、13日のスケジュールで飛ぶ路線が存在するのです。

 

スケジュールが13日の場合のCAの流れ(例 羽田⇆サンフランシスコ、フライトタイムは行きが9時間半、帰りが11時間半)

3/16  17:00 羽田空港に集合

         19:30 羽田を離陸

3/17  5:00(現地時間13:00) サンフランシスコに着陸

         6:00(現地時間14:00) ホテル着

   〜フリータイム〜

3/18  5:00(現地時間13:00) ロビー集合

         7:30(現地時間15:30) サンフランシスコを離陸

         18:00 羽田に着陸

 

こんな感じです。

前回の記事のコピペのようになってしまっていますが、下線を引かせていただいています、

「ホテル着ロビー集合までの時間」がCA達のフリータイムですので、この場合、23時間ということになります。

うーん、今思い返しても恐ろしい。

こんなに遠いのに、フライトタイムが68時間の、ホノルルのスケジュールとほとんど変わらないことがおわかりになるでしょうか。

ホノルルの場合、35時仮眠をとって散策するCAが多いとお伝えしましたが、

サンフランシスコの場合、サービスの内容も濃く、(行き帰りのフライトタイムの差を見ていただければわかりますが)帰りの便に備え休まないと痛い目をみますので

部屋にこもるCAが多かった記憶です。

近場のスーパーに行って食料を買い込み、爆睡、ときどきNetflix、そんな感じですね。

頑張れば5時間ほどは活動できるかな、といったところなので、海際で日向ぼっこをしている大量のアシカを観察したり、有名なクラムチャウダーを夕ご飯がわりに食べ、ゴールデンゲートブリッジを眺める、

このくらいはできるかなーという感じです。

思い出としては”きつかった”けれど、サンフランシスコ、雰囲気最高です、住みたい。是非お時間あればぐぐってみてください。

 

スケジュールが24日の場合のCAの流れ(例 羽田⇆ロンドン、フライトタイムは行きが12時間30分、帰りが12時間)

3/16  9:00 羽田空港に集合

         11:30 羽田を離陸

3/17  0:00(現地時間 15:00) イギリスに着陸

         1:30(現地時間 16:30) ホテル着

3/18  〜フリータイム〜

3/19  2:00(現地時間17:00) ロビー集合

         4:00(現地時間19:00) イギリスを離陸

         16:00 羽田に着陸

 

こんな感じです。

これまた上述したサンフランシスコとまったく違うスケジュールであることがおわかりいただけるでしょうか。

同じ長距離路線なのに、です。

嬉しいことに、3/18は丸一日休みであり、前後の時間を合わせ、フリータイムは単純計算でおよそ48時間。

睡眠時間、お風呂時間などザッと抜くと、2530時間ほど、自由に観光をしたり、食事に出かける時間があります。

だいたいのCAはイギリスに着いた日の3/17はすぐ睡眠をとり、3/18の早い時間から市内に繰り出し、

ミュージカルを見たり、大英博物館に行ったり、Harrodsでお買い物をしたり。

時差もあるので眠くなったところで早めに帰宅、帰りのフライトに備える、という感じでしょうか。

ただやはり、フライトタイムが長い分、サービスの内容も濃く、運悪くこわい先輩がいたら、メンタルは削られ

こんなにフリータイムがあっても、ミモは気持ちや、体調が万全ではない時は、一歩も外に出ない時もありましたよ。

 

24日のスケジュールなら、仕事に慣れてきたら相当遊べます

ANAJALも、ホテルの場所はかなり改善されてきており、

2泊4日のスケジュールである、

イギリスであればロンドン、ニューヨークならマンハッタン、パリならオペラ地区、マレ地区などの中心地へのアクセスは40分以内と、かなり便は良いと考えてよろしいかと思います。

頑張れば遠出もできます。

ロンドンから特急電車を利用すれば、ハリーポッターのロケ地となったオクスフォード大学に片道1時間で行けますし、

ニューヨークのブロードウェイでミュージカルを2つ観ることも可能です。(やったことあるけど時差ぼけで半分寝ました)

13日のスケジュールは、主に、アメリカでいうと西海岸(サンフランシスコ、サンノゼ、シアトルなど)、カナダ、ヨーロッパ方面でいうと、ANA→トルコ、JAL→ヘルシンキなどにあたりますが、

これらに関するとあんまり楽しめないかなー、という印象。

長距離路線は、場所によってフリータイムの差が激しいんですね。

ちなみになぜスケジュールが異なるかというと、単にフライトタイムの差です。「このくらいのフライトタイムならフリータイムはこれくらいで耐えられるでしょ!」という基準ですべて定められています。

 

 

 

さいごに

本日は、ANAJALCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか、について

国際線の長距離路線を例にあげお話ししました。

 

短距離路線については、「あまり満喫できない」、

中距離路線は、「近場なら、十分満喫できる」とさせていただきましたが、

長距離路線に関しましては、「仕事に慣れてきたら相当遊べる」と結論づけさせていただきます。

 

CA達は、だいたい月に23回、長距離路線が組み込まれ、

人によっては、とくに上の年次の方々にとっては責任が重く、やることも多いので苦手、というCAもおりましたが、

遊ぶことしか頭にないミモはとても楽しみにしていましたね。

 

フライトはまあ時間が長い分たいへんなことは多かったけれど、

(総合的には)ほんとうに有り難い経験だったな、と。

 

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ANAとJALのCAが苦しむ、女社会の暗黙のルール。【ぶっちゃけ】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAが苦しむ、女社会の暗黙のルールについてお話ししていきたいと思います。   ANAにもJALにも暗黙のルールが存在し、 訓 …

ANAとJALの現役CAが、住んでいる場所。【CAならではのゆずれない条件あり】

  こんにちは!   本日は、日系CAが住んでいる場所、について具体的にお話ししていきたいと思います。   これから入社をされる方や、受験を迷っている方、またそうでない方にとっても …

CAの持つスーツケースの種類を徹底分析。【現役CAの持ち物】

  こんにちは!   本日は、現役CAの持つ、機内持ち込みサイズのスーツケースの種類について、徹底分析していきたいと思います。     ANAのCA→入社時に会社から貸与 …

CAが声を大にして「ありがとう」と伝えたいお客様の特徴6つ。【ぶっちゃけ】

  こんにちは!   今回は、CAが感謝してもしきれない、お客様の特徴ついてお話ししていこうと思います。   中にはCAの惰性も含んでまして、 だからお客様にこうあってほしい、とか …

JALのCA 英語面接について研究してみました。【過去問あり】

  こんにちは!   本日は、JALの英語面接で気をつけるべきポイントについて、過去問を交え、お話ししていこうと思います。   2015年卒採用から始まった、受験生にとっての関門。 …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel