CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

ANAとJALのCAに合格するには。【5つの資質・条件】

投稿日:2019年12月10日 更新日:

 

こんにちは!

 

前々回の記事では、ミモの温めていたデータを公開しました。

ANAとJALのCA 難易度と倍率の違い

そしてその前には、両社の求める人材像についても解説しました。

ANAとJALの違いと、求める人材像。

 

それらを踏まえ、今回は、

ANAJALの倍率をご覧になって、「私にはむりだ受からない」とお思いになった方へ向け、お話ししていこうと思います。

 

求める人材像に寄せていくことが大事、と以前書きましたが、合格するためには、それに加えてまた違う資質も必要になります。

 

それは全部で5あり、

それらをバランスよく備えることができれば、必ず合格できます。

 

 

ではまいりましょう。

 

 

 

ANAJALCAに合格するための5つの資質・条件とは

ズバリこれらです

慣れない図を作成してみました。

初心者すぎて、なんだか質素な仕上がりとなりました。

 

 

これらの総合値で合格、不合格が決まると断言できます。

 

一つずつ詳しく解説

面接官は、選考を通し、受験生がこれらの資質を持っているかチェックしています。

 

「求める人材像」…ANAとJALの違いと、求める人材像。これらに当てはまる性格かどうか。

「英語力」…目安はTOEIC600点以上。

「CAとしての素質」…保安要員としての冷静さ、チームワーク力はあるか、コミュニケーション能力はあるかどうか。

「第一印象」…笑顔、優しい雰囲気、姿勢、身だしなみ。

「体力と健康」…健康診断でチェックされる。

 

つまりどういうことかというと

大切なことなので繰り返しますが、これらの総合値で合格、不合格が決まります。

なんとなくおわかりいただけたと思いますが、具体例を出していきます。

 

一つが5点満点だとして、2人の受験生を例にします。

【受験生A 1年間アメリカへの留学経験あり、体育会系部活6年間。しかし求める人材像をしっかりとは把握しておらず、面接では話に詰まると笑顔が消え、他の受験生が話している時、真顔の時間が多くなってしまった。

求める人材像2    英語力5(TOEIC990点)    CAとしての素質2    第一印象2    体力と健康5  16

【受験生B】   大事にしている考え方や、雰囲気が求める人材像にそぐい、面接では常に笑顔であった。英語には自信がないものの、1年間TOEICを猛勉強。

求める人材像4    英語力3(TOEIC600点)    CAとしての素質3   第一印象4    体力と健康4  18

 

受験生Aは英語がネイティブレベルでしたが、他の部分で足を引っ張ってしまいました。一方受験生Bは、英語の勉強と、面接の対策をしっかりしていたので、軒並み平均値でしたが、Aの点数を上回った結果になりました。

5つの資質・条件のうち、どれか一つ秀でていたとしても受かりません。

たとえ他の受験生が素晴らしい経験をしていたとしても、対策で追いつける、ということがおわかりになるでしょうか。

 

 

 

ANAJALCAに合格するための資質・条件5つをどうやって磨くのか。

 

また別記事で詳しく解説していきますので、ここでは簡単にお伝えします。

 

「求める人材像」ANAとJALの違いと、求める人材像。をご覧になり、面接で意識すること!

「英語力」…TOEIC600点以上を目標に、早めにコツコツ!→ANAとJALのCAに合格するために、求められる英語力とは。【英語が苦手な方へ】

CAとしての素質」…CAという職業についてよく理解しましょう!→ANAとJALのCAに合格するために、求められる資質とは。【内面的なもの】

「第一印象」面接練習をしましょう!ビデオ撮りがおすすめ!

「体力と健康」何かしらの運動を習慣にすることがベター!耳、鼻、腰に不安がある方は早めに専門医へ!→ANAとJALのCA 身体検査の内容。【2021年入社版】

 

 

 

まとめ

今回はANAJALに合格したい、という方に向け、ざっくりと解説しました。

 

合格のための5つの資質、条件はこちらです。

 

私は就職活動時、常に頭にこの5つを頭の中に表示させ、

足りていないところを埋めれるよう、バランス良く備えられるよう、

日々の生活の中で努力していました。

 

これらの総合値で合格、不合格が決まるとお話ししましたが、それだけにとどまらず、

5つの要素は、働いている中でも、大事な軸となり、そして磨いていくのがCAという職業でした。

 

「求める人材像」は、その会社の一員として欠かせず

「英語力」は、外国籍の方々の満足度を上げるため欠かせず

「CAとしての素質」は、何か機内で起こった時対処する時、またチームで働く上で欠かせず

「第一印象」は、短いフライトであっても、お客様に、少ないタッチポイントで安心感、信頼感を与えるために欠かせず

「体力と健康」は、体力勝負の仕事なので欠かせず

 

つまり何が言いたいかというと、これらって、CA」になったあとも欠かせない要素なんですね。

 

とっても大事なんです。

 

磨き上げるのは入社後としても、最低限土台となるものを持っているかどうか、それを面接で見られているんです。

 

なのでCAを目指されている方は、どうやって自分の良いところをアピールするか考えるだけでなく

これらを意識して対策をするのが吉なのです。

 

面接官の見てくるところを強化し、迎え撃つのですよ。

 

そしたら必ず合格に近づけます!

がんばりましょう。

 

 

以上です!

最近はみかんといちごが美味しいですね〜

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュージーランド航空の新シートのサービスを徹底予想。【スカイネスト】

  こんにちは!   本日は、最近話題となった、ニュージーランド航空の新シート「スカイネスト」について、 実際導入された場合、どのようなサービスをすることになるのか、 元CAのミモが勝手に考 …

いただいた質問に答えます。【マシュマロ②】

    こんにちは!   本日は、以前こちらの記事→匿名の質問を受け付けます。【お気軽にどうぞ】 で募集した、匿名の質問に答えていきたいと思います。   CA生活はたった …

ANAとJALのCA 現状を徹底予想。【新型コロナウィルス】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAの現状を、個人的に予想していきたいと思います。   今世の中は暗いニュースに溢れてしまっていますが、 そんな渦中にある航空会社の、 …

CAとGSの、仕事上の接点について。【下っ端CA視点】

    こんにちは!   本日は、CAとGSの、仕事上の接点について、下っ端CAの視点で解説していきたいと思います。   CA=客室乗務員 GS=グランドスタッフ であり …

ANAとJALのCAになるために資格や、第二外国語は必要なのか。【合格対策】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAになるために資格や、第二外国語は必要なのか、についてお話ししていきたいと思います。   現在学生で、CAを目指されている方ですと、 …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel