CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

ANAとJALの違い

2021年入社 ANAのCA 選考ステップを徹底予想。【合格対策】

投稿日:2019年12月18日 更新日:

 

こんにちは!

 

今回は、2020年入社のANA CAの、新卒採用の選考ステップを予想していきたいと思います。

 

ググれば出てくる答えですが、

ANAの現役CAの友人に協力いただきましたので、

こちらのサイトでもまとめてみたいと思います。

 

また次回の記事で、それぞれの選考の対策や、「面接質問集」なるものを公開したいと思っているので、その足掛かりとしても。

 

 

簡単にまとめておりますので、さくっとご覧ください。

 

2021年入社 ANAのCA 選考ステップを徹底予想

公式HP上での発表

まずはANAの公式HPより、選考に関する部分を抜粋しました。

採用人数は460名と発表されています。

 

 
【エントリーについて】
 
 
1エントリーシート基本情報登録
2エントリーシート提出(WEB)
3自己紹介動画提出
4学力検査受検
5英語試験受験

(TOEIC600点もしくはGTEC260点以上の英語証票を1次選考会場にお持ちいただける方は英語試験を免除いたします。)

 

●エントリー開始…2020年3月1日(日)

●エントリー締め切り…エントリーシート基本情報登録/エントリーシート提出(WEB)/自己紹介動画提出 →2020年4月9日(木)17:00、学力検査受検並びに英語試験受験 →2020年4月16日(木)

➡︎➡︎エントリー完了者を対象に書類選考を実施

 

【本選考について】

6月以降、順次実施いたします。(面接・身体検査など)

 

 

ふむふむ。

もっと、具体的に知りたいです!

 

2021年入社 ANAのCA 選考ステップを予想

ANAの現役CAに聞いた、2019年度の情報をもとに予想しました。

2021年入社の採用も、こういった流れで選考が進むと断言できます。

例年の動きを見る限り、去年と大幅に変わることはないでしょう。

 

 

【4月中旬】ES締め切り、自己紹介動画提出

【4月下旬】筆記試験、WEBテスト、適性検査

【6月以降】一次面接…面接官2:受験生4(30分)

二次面接…面接官2:受験生1(30分)+簡易健康診断

三時面接   …面接官2:受験生1(30分)+健康診断

 

 

こちらは2019年度新卒の選考を経験したANAの現役CAに聞いた内容になります。

↓↓↓

「すべて面接官は男女で、40代〜。

女性は客室乗務員。三次面接に至っては、二方とも50代〜でなかなかの威厳があった。

選考を通して、圧迫面接であったり、変わった質問は無く、ただ熱意と、適性を見ている印象あり。

会場の雰囲気も、そこまで緊張感はなく、堅苦しくもなく、受験生皆がリラックスして面接を受けれていた。」

 

 

なんとなくイメージが湧きましたでしょうか?

 

ANAのCA 選考全体を通してすべき対策

英語面接の可能性があると思っておく

JALでは過去、何の前ぶれもなく2015年度より英語面接が導入され、界隈がざわついた、という例があります。

ますます国際線のネットワークを強化している今、ANAの選考で、いつ英語面接が始まってもおかしくありません。

ANAJALを併願する方は恐らく準備をされていると思いますが、

ANAグループのみに絞っている方も、ある程度の対策をしておいた方が良いと考えます。

 

自己紹介動画は早めに制作

自己紹介動画の提出が求められる前は、対面での面接の前にグループディスカッションがあったことから、

動画を通して第一印象や身だしなみを見ているものだと予想できます。

採用担当者が、1万通を超える30秒の動画をすべて隅々までチェックするとは考えにくいので、

最初の35秒のうちで判断されるとして、一定の基準を満たしていれば、動画のせいで落ちる、といことはないでしょう。

 

 

さいごに

本記事では2020年入社ANAのCAの、選考ステップを予想しました。

少しあっさりとした内容になってしまいましたが

 

受験生は何人で、面接官は何人で、

などある程度の情報があれば、心の準備や、イメージトレーニングもできますので、

こんな感じね!とわかって頂ければ、それでよろしいかと思います。

 

ミモの就職活動時、

ANAにもグループディスカッションがありました。

当初、グループディスカッションてなんぞや?状態だったので、選考ステップが判明してからは、グループディスカッションがある、早めに募集のでた企業を片っ端から受験し、

ANAだと思って練習をさせていただきました。

(ちゃんと興味のある企業です!)

そのおかげもあってか、グループディスカッションで主に見られる第一印象に自信が持て、緊張はまったくしませんでした。

 

グループ面接に関しては、

受験生の人数がわかっていたので、会場に入り隣にいたおそらく同じ部屋だろう受験生と打ち解けてみたり。

個人面接になると、

話の内容もしっかりと見られるので、答えをあらかじめ用意したりしていました。

 

 

ですので!

本記事の内容はざっくりと把握して頂き、

次回の記事では、今回お伝えした選考ステップを踏まえ、具体的な対策方法や、「面接質問集」を書こうと思っております。

自己紹介動画についても、触れていきますね。

ぜひご期待ください。

 

 

以上です!

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-ANAとJALの違い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JALに関する最近のニュースをまとめてみた。【新型コロナウィルス】

    こんにちは!   本日は、新型コロナウィルスの影響を受けたJALの、最近のニュースの中でミモが個人的に気になったものをまとめていこうと思います。 昨日のこちらの記 …

ANAとJALのCA フライト以外の活動を徹底比較。【こんなこともやれるんです】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAの、フライト以外の活動を徹底比較していきたいと思います。   フライト以外なんてあるの? と思われる方が多いと思いますが、 たとえ …

ANAとJALの違いと、求める人材像。【結構違います】

  こんにちは!   始めたばかりというのにさっそく更新が空いてしまいました…。頑張らねば。   今回はANAとJALの違い、そしてそこからわかる、求める人材像についてお …

ANAとJALのCA キャリアパスの違いを徹底比較。【結構違います】

  こんにちは!   本日はANAとJALのCAのキャリアパスの違いについて、細かく解説していきたいと思います。   ANAとJALの、それぞれの成り立ちや、会社のカラーなどの違い …

ANAとJALのCA 難易度と倍率の違いを徹底予想。【2021年入社版】

  こんにちは!   本日は、2021年入社を目指される受験生へ向け、 ANAとJALのCA 難易度と倍率の違いを予想していきたいと思います。   以前こちらの記事で、2014年卒 …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel