CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

TRANSFER

ヒースローエクスプレスの乗り方。【イギリス生活】

投稿日:2020年3月18日 更新日:

 

こんにちは!

 

本日は、イギリス在住のミモが、

ヒースローエクスプレスの乗り方、についてざっくりと解説していきたいと思います。

 

ロンドンに旅行に来られる方はおそらく乗るであろう、「ヒースローエクスプレス」。

 

乗り慣れている方にとっては簡単ですが、

海外での公共交通機関って、

初めての方にはちょっとどきどきしちゃいますよね。

 

私もそうでした!なのでそんな方へ向け、本記事では写真付きで解説します。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

 

「ヒースローエクスプレス」とは。

ロンドンのヒースロー空港⇆パディントン駅(日本で言う品川駅的ポジション)を往復する特急電車のこと。

日本だと、日暮里駅⇆成田空港駅を運行している、スカイライナーが、存在感としては同じような感じです。

時間帯により値段は微妙に異なり、

片道2225£28003300円、

往復37£4800円くらい。

うーん高い。でもまあスカイライナーも片道2500円くらいだから、おんなじ感じですね。

もちろん空港もパディントン駅も、わかりやすいところにある券売機で買えますが、

事前予約のサイトもあるので、walletアプリなどお持ちでしたら、こっちの方が断然楽です。

参考URL→https://www.visitbritainshop.com/japan/heathrow-express-tickets/

15分間隔で運行しており、15分で空港⇆パディントン駅を結んでいます。

ビジネスファーストクラスとエクスプレスクラスの2クラス。

座席も申し分ないくらい広く、かつ15分で到着するのでエクスプレスクラスで十分です。

 

 

 

 

ヒースローエクスプレスの乗り方。

空港パディントン駅は、ほんとうに簡単ですので省略します。

パディントン駅空港が若干迷うので、簡単に解説しますね。

 

 

まずはパディントン駅へ。

パディントンベアーで有名なパディントン駅。

皆さん地下鉄でいらっしゃることと思います。

 

地下鉄で到着したら。

地下鉄から降りると、紫色の飛行機マーク、もしくは紫色のベンツのような上の写真のマークがわかりやすいところに見て取れますので、それに沿って進んでいきます。

しばし歩き進んでいくと、大きなプラットホームに到着します。

 

プラットホームの、6.7番線へ向かう。

ヒースローエクスプレスは7番線から出発します。

6番線と7番線の間の改札から、入りましょう。

(写真の真ん中らへん)

ウォレット、あるいは購入した切符のバーコードをスキャンし、中に入ります。

たいてい駅員さんが暇そうにしているので困ってたら助けてくれます。

ちなみにこの改札の手前にわかりやすく券売機がありますので当日購入の方はそちらで発券してください。

クレジットカードで買えます。

 

エクスプレスが来たら乗り込む。

ビジネスファーストクラス、エクスプレスクラスの2種類ありますので、購入したクラスに乗り込みます。

間違っていたら、中で移動しましょう。

 

利用するターミナルで降りる。

代表的な航空会社でいうと、

ターミナル2→ANA

ターミナル3→JAL

ターミナル5→ブリティッシュエアウェイズ

ですね。

 

 

 

 

空港⇆市内までのおすすめのほかの手段。

地下鉄

所要時間は4045分、500700くらい。

うーん、安さ重視ならこれでも。

ただ荷物もあることと思いますので、ヒースローエクスプレスの方が個人的にはおすすめです。

 

タクシー

所要時間はこちらも4045分、800010000くらい。

高いですね。

これなら、急いでないなら値段をとって地下鉄か、

やはりヒースローエクスプレスの方がいいかなあ

あとはUBERなんかもありますが、タクシーと変わらない、あるいは少し安いくらいかな、くらいです。

 

 

 

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ちなみにパディントン駅のすぐそばにはバスターミナルがあり、そこから大英博物館とか、バッキンガム宮殿とか、

主要な観光地にロンドンバスでも行くことができます。

 

つまり観光の拠点となりうる、強めな駅です。

CA時代も何度も足を運びました。

 

 

イギリスにいらしたときには

こんな感じでヒースローエクスプレスを利用され、

快適な旅になりますように。

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-TRANSFER

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イギリスの現在の状況レポ。【新型コロナウィルス】

  こんにちは!   本日は、現在ミモの住んでいる、イギリスの現状についてレポートしていきたいと思います。   2月後半にやってきたばかりですが、 なんだか怪しい雲行きなイギリス生 …

主人の海外赴任に帯同します。【準備③】

  こんにちは!   本日は、主人の海外赴任に帯同するため、実際に取りかかった準備についてお話ししていきたいと思います。   忙しすぎて若干記憶にないものもありますが… 前回→主人 …

航空便に詰めたもの一覧と、反省点3つ。【イギリスへの引越し準備】

    こんにちは!   本日は、主人の仕事の関係で決まったイギリスへの引越しの、準備のひとつ「航空便」に詰めたもの一覧を、 その注意事項を含めお伝えしていきたいと思います。 &n …

主人の海外赴任に帯同します。【準備①】

  こんにちは!   今回は「CA」と全く関係ありません!   私ごとですが、実はつい最近、急に主人の海外赴任が決定し、今バタバタと準備をしている最中でして。 &nbsp …

海外赴任やることリストの記事一覧。【まとめただけです】

  こんにちは!   本日は、今まで少しずつ書いてきた、 “海外赴任のやることリスト”をただまとめただけの記事です。   タスクは数えると、全部で34。   詳細が気にな …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel