CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

機内で急に、180cmの男性のお客様が私に向かって倒れてきた話。【フライト事件簿①】

投稿日:2020年6月10日 更新日:

 

 

こんにちは!

 

本日は、ミモが日系CAとして働いていた5年間のうち経験した、機内で起きた事件についてお話ししていこうと思います。

 

会社に在籍している中で、こんなことを書くとすぐSNSパトロール部隊に追跡されるので

今だからこそ。

 

とくに内容はなく、

こんなことあるんだ〜くらいの気持ちでお読みいただければ、と思います。

 

日記ってかんじですね。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

 

機内で急に、180cmの男性のお客様が私に向かって倒れてきた話。

フライト概要

夏のとある羽田8:00発、新千歳9:30着のフライトにて、それは起こりました。

飛行機の機種は777-200ER

普通席(エコノミークラス)には通路が2ある、大きめの飛行機です。(座席配列は3−4−3)

羽田新千歳へのフライトは、フライトタイムこそ1時間10分ほどありますが、

サービスの内容も厚く、CAがサービスに許される時間は25分くらい

あまりモタモタしていてはお飲み物がお客様全員に行き届かない可能性もある、けっこうなハラハラフライトになります。

 

ミモのポジション

CAは全部で9人。

ミモは着席しているお客様から見て左側の一番後ろ、L4というポジション。

周りは皆後輩で、指示する役目を持つような、わりと中堅が座るポジションです。

 

ドリンクサービス中にギャレーで声をかけられる

ドリンクサービス中、一人でドリンクカートを引いていたミモ。反対側の通路では、後輩CA2人でドリンクサービスを進めています。

サービスはわりと終盤、お客様から毛布のリクエストを承り、手元にはドリンクしかありませんので、

反対側の通路にいるCAに「毛布ひとつ持ってきて!」というジェスチャーやら合図をし、必死に伝える私。

(安全のため、CAはカートから離れてはいけない。ただし2人でカートを引いている場合、1人が物をとりに離れてもいい)

しかしなかなか伝わらず、かつ「ついさっきあそこで見たかも!」と思い出し、次のお客様にはお待ちいただき、一人でカートをギャレー(キッチン)まで引き戻し、

近くにあった毛布をゲットします。

そんなとき、後ろから声をかけられます。

「すいません」という消え入りそうな声。

 

振り返ると顔が真っ青な大柄の男性

なにか欲しいのかな?と思いつつ振り返ると、

そこには身長が180cmもあろう男性のお客様が立ってらっしゃいました。

顔面は蒼白。足元のふらつきも見られます。

これはヤバイ、とにかくその場に座っていただこうと思った瞬間でした。

 

話の途中でミモに向かってダイブ

「ご気分よろしくないようでしたら、どうぞこちらにと案内も半ばで、

その男性がミモに向かって倒れてきました。

まさに、貧血です。

こちらの記事CAが過酷と言われる所以。【体力に自信はありますか?】

でもありますが、機内は特別な環境。

少しの不調は、空の上では悪化する、と言っても過言ではありません。

きっとこの方も、若干体調悪いかなくらいの自覚はあり、満を辞して、ミモに助けを求めてきたんだと思います。

 

必死に受け止める

その男性との距離は1mも無かったくらい。

直立したまま気を失われたので、体勢そのままにミモの方に綺麗に向かってこられ、

ミモは必死にキャッチ。

ギャレー付近はさまざまな構造物、物品も多く、受け止めなかった場合、頭に大怪我を負う可能性も。

なんとか被害を最小限に、と考えました。

(CAがフライト中怪我をしては、保安要員としての役目を果たせなくなってしまうので、この判断には危険もありました。が、ふつうに避けることなんてできなかった)

ただ、支えるのにも限界がありました。

 

男性とともに床に崩れる

人間とは非力です、一人の人間の重みにこんなにも耐えられないとは。

ミモはその男性とともに床に崩れ、

なかなか通路に戻ってこない私と、変な音に異常を感じた、反対側の通路担当の後輩CAが、ギャレーに来てくれました。

 

男性を寝かせ、初期対応

貧血対応には慣れているミモ。

(フライト中よく目の前で人が倒れた)

脈や呼吸など、バイタルに異常がないかを測り、

後輩CAとともに男性を床に寝かせ、足を高い位置にもっていき、衣類をゆるめ

…息もあり、大丈夫そうです。外傷もなし。ミモも無事。

ただこうしている間にも刻々とフライトタイムは減っていきます。

来てくれた後輩CAを、ミモの担当していた通路のサービスにあたってもらい、ミモは介抱を続けます。

チーフとパイロットに状況を報告したり、

前方のサービス担当であり手の空いたCAがミモの担当エリアのサービスのフォローに入ってくれたりと、周りがてきぱきと動きだします。

 

男性はまもなく着陸って時に立ち上がり、席に戻る

幸いにも男性の意識は早い段階で戻り、

話を聞くと「疲れており睡眠不足で、さらに悪いことに風邪っぽかった」とのこと。

ミモのいたギャレーにいらした理由は、お水をもらいに来たようです。

朝も早い便でしたので、

体調がさらに悪化した結果だったのでしょう。

着陸前のベルト着用サインが点灯し、あと1520分で着陸!という時、男性は自席へ戻り、無事着陸を迎えました。

 

 

 

 

このケースでミモが学んだこと

何度も言うが空の上では体調は悪化する!

CAって、一人じゃない!チームワーク、コーディネーション大事!

あのまま意識が戻らなかった場合、ドクターコール、救急車の要請などが必要になった!

機内は閉ざされた環境、すぐに救急車も(警察も)呼べない。CAにできることは少ないけれど、その少ないできることを短時間でできる冷静な対応力が必要となります!

 

 

 

 

さいごに

本日は、機内で急に、180cmの男性のお客様が私に向かって倒れてきた話、という題でお話ししました。

 

機内で貧血で倒れる方、ちょっとびっくりするくらいいらっしゃいます。

5年間ぽっちの在籍期間でしたが、

ミモは15人くらいは介抱したでしょうか。

 

その多くはホノルルへの飛行機で、お酒をたくさん召し上がった方ですが、

朝早い便で寝不足の方、

乗り継ぎをし、ロングフライトで疲れてらっしゃる方などなど、理由はさまざまながら、

ふとした瞬間に倒れられ、

そして「自分は貧血持ちではないのに」と、ご自身もびっくりされます。

 

ていうくらい、

空の上の環境はなめてはいけません。

 

 

と偉そうに、できるCAぽくスムーズに対応した感じを出しましたが、

機内ではじめて貧血で倒れた方を目にした時、恐怖で顔はひきつり体が固まりましたね。

 

 

 

慣れたんですよ。

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:

関連記事

ANAとJALのCA 違いがわかる記事一覧。【まとめただけです】

  こんにちは!   本日は、今まで書いてきた文章の中で、 “ANAとJALのCA 違いがわかるもの”のリンクをただただまとめさせていただいた記事です。   就職活動が本格化してい …

お客様には絶対お教えしない、機内の秘密。【ぶっちゃけ】

  こんにちは!   本日は、お客様には絶対お教えしない機内の秘密、についてお話ししていこうと思います。   「機内の秘密」でぐぐった結果、見かけなかったなーと思うものを厳選いたし …

ミモがなぜCAについての発信を始めたのか。【自己紹介含む】

    こんにちは!   本日は、ミモがなぜCAについての発信を始めたのか、についてお話ししていきたいと思います。     当ブログを読んでくださったり、 イラ …

ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の短距離路線のばあい】

  こんにちは!   本日は、CAはステイ先でどのくらい遊べるのか、について、さくっとお話ししていきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCA 一ヶ月のスケジュー …

CAに残業はあるのか。【CAあるある】

  こんにちは!   本日は、CAに残業はあるのか、についてお話ししていきたいと思います。   日本の社会人にとって身近な「残業」ですが、 これがあるかないかって、仕事を選ぶ上でも …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel