CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス生活

CA

元CAの筆者が実際に使用していたロンシャンを徹底レポします。【サイズ、質感、使用感etc】

投稿日:2020年8月25日 更新日:

 

こんにちは!

 

本日は、ミモが実際に使用していたロンシャン「ル プリアージュ」の、

サイズ、質感、使用感についてたくさんの写真とともにご紹介していきたいと思います。

 

以前これらの記事なぜCAの私物は、ロンシャンとリモワとモンクレール率が高いのか。【CAあるある】

CAの持つロンシャンの種類を徹底分析。【現役CAの持ち物】

でお話しした、CAの驚くべきロンシャン率と、人気の色味たち。

 

相談者様のため、

そして通販サイトの写真ではわかりにくい点もあるかと思いますので、

パシャパシャと手元にあるロンシャンの写真を撮ってまいりましたので、それらをお見せしていきたいと思います。

 

 

 

人気なものにはそれだけの理由がある。

と思ってしまう。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

 

 

CAの筆者が実際に使用していたロンシャンを徹底レポします。

入社から退社まで約5年間使っていたものなので多少の汚れは見逃してください。

 

商品はこちらです。

 

以前の記事でも「私も持ってる」と発言したロンシャン。

色味は黒色×黒色です。

(他の色味も持っていますが、こればっかり使ってました、服との相性など何も考えなくていいからとにかく楽でした)

大きさは持ち手の長い「M」です。

 

 

まず簡単にお見せするとこんな感じです。

正面

後ろ

内側のポケット(小さい、ギリiPhoneは入らないくらいのサイズ)

 

 

 

サイズはこんな感じです。

伝えるの難しい…

iPhoneを隣に置くとこう

A4ファイルはこう

B5ノートはこう

入れてみるとこう

底面にB5ノートを置いてみるとこんな感じ

底面が広げてみると長方形というより正方形よりで、荷物が多い日には縦に水筒や筆箱やポーチやらをたくさん詰めることができる点がロンシャンの特徴かなと個人的に思います。

だからといって底面の材質がしっかりしているというわけではないので、荷物が少ない日にはペシャンコにできるというのもお気に入りポイントです。

ただ全体の大きさは小ぶりではないので、

一泊二日くらいの旅行に行くには十分くらい、ただ通勤ですと、持ち物の少ない事務職の方には大きすぎるかなー、といったところでしょうか。

 

 

 

質感はこんな感じです。

わかりますかね。

テカテカすぎず、でもマットすぎず高級感はそれなりにある感じ。

ちょっと傷が入ってしまっていますが、持ち手とボタンの部分はこんな感じで、その他の部分の質感と少し異なるので、全体的に黒すぎないと言いますか、

単調な印象になりすぎないようになっています。

 

 

 

ロンシャンの良いところ。

まずなんと言っても丈夫なんですよね。

ミモ自身物の扱いが雑な方なのですが、

5年間毎日レベルで使っていても、傷がつきにくい材質なのか、ついたとしても近寄って見るか光に当たらない限りあまり目立ちません。

なので15000円前後するものではありますが、その価値は十分あるかな、と思います。

次は雨に強い(気がする)点。

CAあるあるなのですが、

数日後までの天気予報を見る余裕なく快晴の日にたとえば東南アジアへ出発、3日後に日本に帰ってくると、どしゃ降りで、

傘は手元にないので雨に濡れながら家まで帰宅する、

でしたり、

それこそ東南アジアで街歩きをしていたらスコールに降られるなどなど、

なんかわりと過酷な環境で荷物を持ち歩いているんですね。

なので水に強いとありがたいという

こんな感じ。完全なる撥水性はありませんが、

(おそらく二重構造になっており)内側がツルツルとした材質なので、中の荷物に雨水が行き渡ってしまう、ということは滅多にありません。

CAはiPadや書類を持ち歩いているものですから、バッグが雨に強いととても助かります。

最後はとにかく軽い点。

CAの手荷物についてこちらの記事日系CAの、フライト時の荷物の中身を大公開。【その必需品とは】

でざっくりお話ししましたが、とにかく多い。

肩が死ぬので、バッグ自体がそもそも重いなんてもってのほかでして

ロンシャンは調べたところ300g前後だそう、その重さはiPadの半分以下です。

ありがたい…

 

 

 

 

ちなみに小さいサイズも人気です。

 

ちょっとしたお出かけや、

フライト中の休憩時間にクルーバンクに持っていく小さなアイテム類(歯ブラシセットやハンドクリームなど)をこちらに入れたり、

大きいロンシャンはかぶるので持っていないけれど、

このサイズは持っている!

というCAも多くいました。

通勤ではなく普段使い用にいいかもしれませんね。

CAたちが選ぶ色味は、大きめのロンシャンが地味めであったのに対し、

こちらのサイズですとわりと華やかな色味をチョイスするCAが多かったように思います。

 

 

 

 

さいごに

本日は、ミモが実際に使用していたロンシャンの、サイズ、質感、使用感についてお話ししました。

 

たぶん、5年間のCA生活の中で知らないうちにロンシャン教に洗脳されているからかもしれませんが、

なんでか使いやすくて大好きです。

 

もし読者の方でロンシャンよりこっちのバッグの方がいいよ!というお勧めがあればミモの狭い視野を広げるためにも是非教えてください。

 

そしてロンシャン以外にも、

エルベシャンプリエやゲラルディーニなどをよく社内で持ち歩くCAを見かけましたので、

またいつか記事にしたいと思います。

 

 

 

 

以上です!

 

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:

関連記事

ANAとJALのCA 現状を徹底予想。【新型コロナウィルス】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAの現状を、個人的に予想していきたいと思います。   今世の中は暗いニュースに溢れてしまっていますが、 そんな渦中にある航空会社の、 …

機内で急に、180cmの男性のお客様が私に向かって倒れてきた話。【フライト事件簿①】

    こんにちは!   本日は、ミモが日系CAとして働いていた5年間のうち経験した、機内で起きた事件について、お話ししていこうと思います。   会社に在籍している中で、 …

はじめまして。

  はじめまして。   ミモです。     つい先日まで日系大手航空会社でCAをしておりました。     国際線を中心に約5年間乗務し、 現 …

CAが過酷と言われる所以。【体力に自信はありますか?】

  こんにちは!   本日はCAという職業が、「過酷」と言われる所以についてお話ししていきたいと思います。   飛行機をそこまで利用したことがない人には、 華やかな面ばかり見られ( …

ANAのCA 一次面接で聞かれがちな質問。【2021年入社の皆様へ】

  こんにちは!   本日は、ANAのCA合格に向け、一次面接で聞かれがちな質問をご紹介していきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCAに合格するため …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel