CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

いただいた質問に答えます。【マシュマロ⑧】

投稿日:

 

 

こんにちは!

 

本日は、

以前こちら匿名の質問を受け付けます。【お気軽にどうぞ】

で募集した、匿名の質問に答えていく記事です。

 

今回は、

「客室乗務員が仕事で愛用している化粧品」

「ホリモンさんのようなお客様は実際多いのか」

「飛行機に対する不安な気持ちは訓練が始まり飛行機を理解することによって乗り越えられるのか。また実際に乗務していた際に不安になるようなことが起きたりというのはどのくらいの頻度であるのか」

です。

 

 

いろんな意味でお答えするのが難しい質問であり、

悩んでいたら回答が遅くなってしまいました、申し訳ございません。

 

 

日系航空会社で5年間CAとして働いていたミモがお答えします。

 

 

参考までに。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

いただいた質問に答えます。

客室乗務員の方がお仕事で愛用されている化粧品が知りたいです。

こちら率直に申し上げますとお答えするのが難しく…

なぜ難しいかと言うと、化粧品に関すると、CAがこぞって使っているこれ!というものが少ないからなんですね。(バッグとか、靴とか、そういったものは大きく偏りがある)

化粧品の良い悪いって、その方の肌質にかなり左右されるのかな、というのと、あとはミモ自身あまり知識がないというのもあり…

でもわかる範囲で、お答えしていきたいと思います。

 

質問者様が「お仕事で」とおっしゃっているので、

基礎化粧品ではなく、メイクに使用する化粧品、あるいは機内で使用する化粧品という解釈でよろしいでしょうか。

まずメイクに使用する化粧品についてですが、

CAはこういった環境CAが過酷と言われる所以。【体力に自信はありますか?】

で長時間仕事をしていますので、

・とにかく崩れない

・でもとにかく乾燥しない

この2点に命をかけ化粧品探しをしています。

とくにこの2点に大きく関わる化粧品でミモの周りのCAがよく使っているものだと、

【下地】日焼け止め効果が高く崩れない保湿系。(primavista、サンローラン、ラロッシュポゼ、PAUL&JOEなどなど)

【ファンデーション】崩れにくいリキッドタイプ派が圧倒的に多い。(ランコム、エスティーローダー、シュウウエムラ、RMKなどなど)

という感じで、

あとはメイクの仕上げに吹きかけるフィックスミストにこだわるCAも多くいました。(CLARINSMAKEUPFOREVERなど)

機内ですと、

ハンドクリーム(ヴェレダ、ロクシタン、マインビーチ、イソップなど)を常に塗りたくり、

こちらCAの秘密の休憩室についてこっそりお教えします。【お客様は絶対に入れない?】

で休む時間がある場合は、

目元や首元などにアルガンオイルを塗ったり。(メルヴィータなど)

といったところでしょうかね。

 

CAはメイクをしている時間はそれは長いですが、その分たとえばステイ先で丸2日ノーメイクでいられたり、

人と会わない(会えない)休息時間も多いので、

その間に回復させてなんとかやってる感じです。

 

そして乾燥しやすく部分的にテカりやすい混合肌のミモは5年間のうちいろいろ試しましたが、PAUL&JOEのプロテクディングファンデーションプライマーからのエスティーローダーのダブルウェアをなるべく薄く塗る戦法一択でしたね。

艶肌なんてそんなの目指したら機内でドロドロになるのは目に見えていますし、クッションファンデも好きで一時期使っていましたが、肌質のせいもありますが、ヨレやすくて

 

こんな感じです。

わかりにくい点あればお気軽におっしゃっていただければと思います。

 

 

 

ホリモンさんのようなクレーマー気質のお客様は実際多いのでしょうか。私はあの方の発言をとても不快に思ってしまいましたが、ミモさんはどのようにお考えですか?

はい、時にいらっしゃいます。

確率で言うと、3ヶ月に一回くらい遭遇します。

ミモは学生時代、カフェ、居酒屋、お高めなレストランでアルバイトを経験しましたが、

機内で遭遇する数はそのどれよりも多いという印象で、

でも一方学生時代に高級ホテルや結婚式場のアルバイトをしていたCAに言わせると全然少ない方、だそうですよ。

よく利用しているからか良いサービスを知っている分、多くを期待されていて

あるいはほんとうにやばいこれ以上は言いませんが、

クレーマーのタイプもたくさんあって、

CAに対しても、

改善を求めて本当は言いたくないけど言う方、言うのが好きな方、後から書面でぶちまける方、などなど、多岐に渡ります。

最初はまじでびびるんですけど、3年くらい経ったら慣れました。

 

エモンさんのJALへの発言についてですが、

あの発言に絡むその他の方のリプライも含め、やはりその注意をしたCAの身になると、悲しくなってしまいます。

ホリエモンさんですが、2年前くらいでしょうか、ミモの乗務便にお乗りになり、実際にサービスにあたったことがあります。

まあなんとも………

これ以上の発言は控えますが、

著名な方ですし、航空会社を利用されるお客様の中でもある意味有名な方なので、CAは状況を加味して加味して決断してお声がけし、

そしてそこには大きな理由があったはずです。

何人ものお客様からお声があった、とか、

頻繁に咳をしていた、とか。

わかりませんけどね。

自分が発言力のある方を注意したらその後どうなるか、猿でも想像できますので、理由が必ずあるはずです。

JAL公式のTwitterが反撃したら面白いのに…

そしてクレーマーあるあるですが、

「他の人には注意してないのに、なんで自分にだけ」という発言。

してますよ、してなかったら他の人はちゃんとルールを守ってるんです、それを見ようとしていないから見えないのか、それか幻想を見てるかのどちらかです。

そんな方の発言力に怯えお声がけしないよりは、する!と踏み切ったJALは素晴らしいと思いましたし、安全第一である公共交通機関の秩序を守るべき立場のCAはそうあるべきだと私は思いますが、皆さまいかがでしょうか。

 

 

 

客室乗務員が保安要員だということをしっかりと理解した上で覚悟を決めて就活に挑み、結果として無事に内定を頂きましたが8/12の日航機事故の日を迎えると飛行機に対して不安な気持ちが出てきてしまうのが正直なところです。これは、訓練が始まり飛行機を理解することによって乗り越えられる悩みでしょうか?また実際に乗務していた際に不安になるようなことが起きたりというのはどのくらいの頻度でありましたでしょうか?

まずは内定、おめでとうございます。

質問者様のお気持ちたいへんよくわかります。

ミモ自身、こちらの記事CAはなぜそんな案内をするのか、理由一覧。【守らないとこんな事が起こります】

でも発言していますが、昔から飛行機事故にたいへん興味があります。

飛行機がそもそも好きで、自ずとそういった番組を見るようになってきて、さらに入社して安全に関する訓練をするうちに勉強のためにもさらに興味が湧いてきた、という流れなのですが、

ただまあこの知識がある故にプライベートで飛行機に乗る時やはり恐ろしくてならず、

「離陸した直後のあの羽の音大丈夫?」とか、

「揺れがこんな続くってエンジン異常かな?」とか、

つねにびびり倒してます。

ただそういった不安感や恐怖心が湧いてくるのはプライベートの時だけで、CAとしてフライトで飛行機に乗る時はまったくありませんでした。

なぜなら、目の前の業務に手一杯だったからなんですね。

こわい大先輩にビクビクして、お客様のお気持ちを汲み取ることに専念して、自分のやるべきことを順を追ってやっていたら、びっくりするほど忙しくて、自分がまさか飛行機の中にいると冷静に思えるようになったのは入社3年後くらい経った時であるような気がします。

 

訓練では、質問者様の仰る通り、飛行機について、その仕組みや、飛行の安全について、どう守られているか、そしてCAとしてどうやって守っていくか、しっかりと学んでいきます。

訓練が進むにつれ、おそらく内定をもらってから訓練が始まるまでモヤモヤしている質問者様の視界がだんだんと晴れていく感覚があるかと思います。

ただそれは完全に悩みがなくなるというより、

そういった危険性をしっかりと理解した上で、

「私は安全を守る一員だ!」という使命感が湧く感じでしょうか。

 

実際に乗務していた際に不安になるようなことがあったか、についてですが、

私は5年のうち一度もありませんでした。

近しい友人のCA達からも聞いたことはありません。

友人の友人のCAが、機材トラブル関連の理由(CAやお客様が感じるほどではない、操縦室内のトラブル)で緊急着陸をした、という話を風の噂で耳にしたことはあります。

あえて言うならば、太平洋を航行中かなり強い揺れに遭遇して、ギャレーにあったジュースが天井に吹っ飛んだことくらいで、

その原因も単なる風の変化であって、シートベルト着用のサインが点灯していたので、お客様含め全員が座席についていたため怪我はなく。

ですのでもちろん不安感が0とは言えませんが、質問者様のおっしゃる事故の可能性的な不安、というものは5年のうち一切ありませんでした。

それよりも、こわーいお客様や、貧血で倒れてしまわれるお客様に私は都度とんでもなく不安になっておりました。

 

日航機事故をはじめとして、たくさんの事故を絶対に忘れてはいけませんが、

そればかりを念頭に置くのではなくて、心の隅に置いてあげることが大切だと思っています。

そういった過去の事故を受け、飛行機や航空会社は日々行うべき手順をアップデートしています。アップデートして、事実日々飛行機の安全性は高まっています。

よく自動車に毎日乗るより飛行機の方が安全と言いますが、

それくらい、起きてしまえば多くの被害が出る乗り物ではあるので事故のニュースが鮮明に記憶に残るものですが、

5年間休まずほぼ毎日飛んでいたミモでも経験がないので、強く不安に思うことではないと思います。

 

質問者様は責任感の強い、できるCAさんになりそうですね。

とても真面目でいらっしゃることと思います。

頑張りすぎずある程度は肩の力を抜いて、これからのCA生活を楽しんで頂きたいです。

 

 

 

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

そしてご質問いただきありがとうございます。

 

 

 

 

安倍さん、お疲れ様です。お身体お大事に…

 

 

 

 

以上です!

イギリスのAmazonで商品を3つ頼んでみたら、一つしか無事に届かなかった。(一つは大破損、一つはmissing)

日本すごい。

 

 

またお会いできますように。

 

 

 

 

 




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:

関連記事

CAという職業に就いて、びっくりしたこと。【CAあるある】

  こんにちは!   本日は、CAという職業に就いてびっくりしたこと、についてお話ししていきたいと思います。   ミモは約5年間、日系航空会社で、国内線及び国際線に乗務していました …

CAのブラックリストは存在するのか。【ぶっちゃけ】

  こんにちは!   本日は、「CAのブラックリストは存在するのか」について、お話ししていきたいと思います。   CAの数は、ANAでは約8000人、JALでは約6000人ほど。 …

機内でドクターコールをし緊急着陸をした話。【フライト事件簿②】

    こんにちは!   本日は、ミモが日系CAとして働いていた5年間のうちで遭遇した、機内で起きた事件について、お話ししていこうと思います。   去年CAを辞めたばかり …

ANAとJALのCAになるために有利な大学の学部はあるのか。【出身学部ランキング】

  こんにちは!   本日は、ANAとJALのCAになるために有利な大学の学部はあるのか、についてお話ししていきたいと思います。   主に高校生の方に向けた記事になります …

フライトとフライトの間で、機内で起きていること。【CAの休憩時間らしい、ってほんと?】

    こんにちは!   本日は、飛行機が到着→次の便の出発までに機内で起きていること、について、流れを追ってお話ししていきたいと思います。   まさに裏側、ですね。 & …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel