CAの世界は大奥に似ている

元日系CAの情報発信ブログ/ANAとJALの違い、CAあるある、海外赴任、イギリス

CA

いただいた質問に答えます。【マシュマロ⑦】

投稿日:

 

 

こんにちは!

 

本日は、

以前こちら匿名の質問を受け付けます。【お気軽にどうぞ】

で募集した、匿名の質問に答えていく記事です。

 

今回は、

「飛行機内でお客様が体調を崩した時(気分が悪かったりその場で吐いてしまったなど)CAどのような対処をするのか」

「看護師がドクターコールで名乗り出てもよいのか」

です。

 

 

機内での、CAの担うファーストエイド業務についての質問ですね。

 

 

少し遅くなってしまって申し訳ありません。

 

 

日系航空会社で5年間CAとして働いていたミモがお答えします。

 

 

参考までに。

 

 

 

ではまいりましょう!

 

 

 

 

いただいた質問に答えます。

飛行機内でお客様が体調を崩した時(気分が悪かったりその場で吐いてしまったなど)CAさんはどのようなことをしますか?あまり飛行機でお見かけしたことがなかったので、どう対処しているのか気になりました。

以前これらの記事機内で急に、180cmの男性のお客様が私に向かって倒れてきた話。【フライト事件簿①】

機内でドクターコールをし緊急着陸をした話。【フライト事件簿②】

で体調が悪化されたお客様の対応について少し触れていますが、

まず気分が悪い方ですが、

CAは、お客様にどのように気分が優れないか聞いた上で、できることを行います。

まずお客様からお申し出があったらまず脈拍や呼吸数を測り、(=バイタルチェック)

機内でよくあるのが、

「貧血気味で」…楽な体勢に、できたら横になっていただき、足を高い位置に持っていく。衣服をゆるめる。水分を摂る。

「お腹が痛い」…楽な体勢に、できたら横になっていただく。衣服をゆるめる。湯たんぽを作り、温める。

「気持ちが悪い」…楽な体勢に、できたら横になっていただく。衣服をゆるめる。光、音を遮る。

「息がしづらい」…楽な体勢に、できたら横になっていただく。衣服をゆるめる。酸素吸入を行う。

など、持病の有無やアルコールを召し上がったかなど聞きながらこういった対処をしますが、

それでも治らないor悪化する場合、あるいはバイタルチェックの時点で平均値を下回っていた場合ドクターコールに移ります。

また、機内には短距離の国内線であってもとても大きい薬箱を載せており、その中にはさまざまな市販薬が入っています。

(たとえば、酔い止め、胃の痙攣を抑える薬、バファリンなどなど)

ただ薬に関しては“CAからお勧めはしないとマニュアルで決められているので、あくまでもお客様からおっしゃっていただいたらお出しする事になっています。

 

次にその場で吐いてしまった方ですが、

(その場=目の前の床ということでよろしいでしょうか)

ミモの働いていた日系航空会社の手順ですと、

何かの感染症の可能性もあるため、

CAはマスクと手袋をはめる

新聞紙などを吐物の上に敷いてその上から除菌スプレーを大量に吹きかける(ウィルスの飛散を防止する)

不織布やペーパーで吐物を床から取り除きビニール袋の中に入れる

その後もフライトが続くようなら、該当箇所への新聞紙+除菌スプレーは継続する

こんな感じだったと記憶しています。

そしてそのお客様に関しては、吐き気が治らない場合は一つのお手洗いをその方専用にして、いつでも使えるように、そして(感染症であった場合)他のお客様に移ってしまわないように対応した経験もあります。

そしてちなみにこういう運が強いミモは、何度も機内でお見かけしましたし、その度に吐物を拭き拭きしてましたね。

1番衝撃的だったのは、降機中、お父さんに抱かれた男の子が目の前でマーライオンのごとくミモの制服にかからんばかりに吐物を噴射された時です。

 

 

 

 

素朴な疑問なんですが、アナウンスで医療者が呼ばれた時には、医療者=医師なのですか?看護師は名乗り出た方が良いのでしょうか。

この質問を頂くまで、看護師の方がこのように思ってらっしゃるという可能性に一切気づきませんでした、私。

ドクターコールなんて銘打ってるからよくないですよね。

まずお答えとしては、名乗り出て頂けるとCAとしてとてもとても助かります。

CAのマニュアルでは、ドクターコールを行う場合「医師のみ」などの指定はなく、救命士の方や看護師の方を含め医療者として援助を依頼しています。

機内に載せている、医療用のアイテムはいくつか種類があり、

物によっては医師のみ使用可能、あるいは

(地上との連絡システムを用い)地上医師の指示のもとで看護師が使用できるアイテムなど、

制限は確かに存在するのですが、

CAとしては、まず医療に従事されている看護師の方に、お客様の状態を診ていただくという第一ステップがめちゃくちゃ有り難いので、

是非ドクターコールがなされた場合、お助けいただけたらな、と思っております。

こちら機内でドクターコールをし緊急着陸をした話。【フライト事件簿②】

でミモの経験を踏まえその感謝は述べさせて頂いていますが、もうほんとうに、ドクターコールを行うべきお客様の前では、CAって無力なのです

 

 

 

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

そしてご質問いただき、ありがとうございます。

 

 

大変そうだけれど、生まれ変わったら看護師さんになりたい。

 

 

 

 

以上です!

無事イギリスに着きました〜

 

またお会いできますように。




関連ユニット

メタ情報




関連ユニット

メタ情報

-CA

執筆者:

関連記事

元CAが、CAの人間関係がドロドロと言われる理由を考察してみた。【ぶっちゃけ】

    こんにちは!   本日は、CAの人間関係がドロドロと言われる理由、について考えていきたいと思います。   いろいろなところに飛び回って、 可愛い制服も着れて観光も …

フライトとフライトの間で、機内で起きていること。【CAの休憩時間らしい、ってほんと?】

    こんにちは!   本日は、飛行機が到着→次の便の出発までに機内で起きていること、について、流れを追ってお話ししていきたいと思います。   まさに裏側、ですね。 & …

ANAとJALのCAは、ステイ先でどのくらい遊べるのか。【国際線の短距離路線のばあい】

  こんにちは!   本日は、CAはステイ先でどのくらい遊べるのか、について、さくっとお話ししていきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCA 一ヶ月のスケジュー …

ミモがなぜCAについての発信を始めたのか。【自己紹介含む】

    こんにちは!   本日は、ミモがなぜCAについての発信を始めたのか、についてお話ししていきたいと思います。     当ブログを読んでくださったり、 イラ …

ANAのCA 一次面接で聞かれがちな質問。【2021年入社の皆様へ】

  こんにちは!   本日は、ANAのCA合格に向け、一次面接で聞かれがちな質問をご紹介していきたいと思います。   以前こちらの記事→ANAとJALのCAに合格するため …

ミモ
ミモです。大手日系客室乗務員を約5年間勤め、国際線、ファーストクラスを中心に担当。新卒採用の現場経験あり。
イギリス在住。趣味は旅行とイラスト。

twitter→mimotravel

instagram→mim_otravel